任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン滞納によって所有不動産の競売が決まった物件(または競売にかかりそうな物件)について、債務者側が専門の不動産業者などを通して買い取り相手を見つけ、債権者の合意を得たうえで債務者の意志で売却し、競売を取り下げてもらうという方法のことです。

つまり、家を競売で処理される前に、債権者に頼んで一般販売させてもらうということです。

任意売却は、あくまで債権者の生活再建を優先し、すべて話し合いによって円満に解決するという方法です。

債務者にとって、競売は「家をとられること」で、これに対して任意売却は「自ら家を売ること」になります。

任意売却は、競売への唯一の対抗手段です。

競売になってしまうと、所有者の意志には関係なく強制的に自宅が売却されてしまいますが、任意売却は所有者が任意で売買することができます。

任意売却では債権者の同意が必要だということが、通常の不動産売買との違いです。

任意売却では、売り主と買い主、そして債権者(金融機関や保証会社、サービサーなど)の間に不動産業者が入って仲介と調整が行われます。

税金(固定資産税、住民税)や、分譲マンションの管理費や積立金の滞納があれば、各役所や管理組合との交渉も業者が代行してくれます。

任意売却では所有不動産をほぼ市場価格で売却できるので、競売に比べて高額となり、残債務が減り、その後の生活再建がスムーズに行えるのです。

どちらにしても家を手放さなくてはならないのですから、少しでも高く売れるに越したことはないのです。

任意売却は債権者側にとっても大きなメリットがあります。

それは、競売よりも高額で売却できるので、多くのお金を回収できる可能性があることです。